Googleアカウントの作成手順

Gmailを利用するためには「Googleアカウント」が必要となります。

Googleアカウントを取得すると、Gmailのほか、「Googleカレンダー」や「Googleドキュメント」といったGoogleが提供する他のサービスも利用できるようになります。

ここでは、Googleアカウントの取得手順について説明いたします。

Googleアカウントの作成手順

(1)Gmail(https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/)にアクセスして、「アカウントを作成する」をクリックします。

(2)「Googleアカウントの作成」画面が表示されるので、必要な情報を入力します。

姓:利用者の名字を入力

名:利用者の名前を入力

ユーザー名:メールアドレスとして利用したいユーザー名(「@」より前の部分)を入力

パスワード:Gmailにログインする際のパスワード(半角英字、数字、記号を組み合わせて8文字以上)を入力

確認:「パスワード」欄に入力したパスワードをもう一度入力

(3)必要な情報を入力したら「次へ」をクリックします。

入力したユーザー名をすでに他のユーザーが使っている場合、このような表示がされるので、その場合は別のユーザー名を入力し直します。

(4)「電話番号の確認」画面が表示されるので、電話番号の入力欄に、テキストメッセージ(SMS)を受け取ることができる携帯電話番号を入力して「次へ」をクリックします。

(携帯電話をお持ちでない場合は音声でメッセージを受け取ることもできますので、ここでは一般電話の番号を入力します)

(5)先ほど入力した電話番号宛てに、6桁の確認コードがメッセージで届くので、そのコードを入力して「確認」をクリックします。

(6)「Googleへようこそ」という画面が表示されたら、必要な情報を入力します。

電話番号(省略可):利用者の電話番号を入力。アカウントのセキュリティ保護の目的で本人確認のために使われるが、あとからでも設定は可能なので、ここでは省略も可能。

再設定用のメールアドレス:利用者がすでに使用しているメールアドレスを入力。アカウントのセキュリティ保護の目的で本人確認のために使われるが、あとからでも設定は可能なので、ここでは省略も可能。

生年月日:利用者の生年月日を入力

性別:利用者の性別を入力

(7)必要な情報を入力したら「次へ」をクリックします。

(8)「プライバシーポリシーと利用規約」が表示されます。

(9)内容を読み進めながらスクロールさせていくと「同意する」ボタンが表示されるので、特に問題が無ければ「同意する」をクリックします。

(10)「ようこそ」という画面が表示されます。

以上の作業で、アカウントが作成され、Gmailが使えるようになります。

では続いて、Gmailを使うために最低限知っておきたい画面構成について見ていきましょう。